MENU

女を虜にする方法【多少の俺アピールは入用】

女を虜にする方法なんて、自分には因縁の弱い事だと思ってはいないでしょうか。感覚がクールお客様ばかりがモテる訳では有りません。見た目は必ずしも格好良くないのに、何となく女性にモテるというお客様と言うのはこの世の中たくさんいるのです。

 

やはり今のままの自分でも好きになってくれる女性はいると思いますが、さっと要所を押さえ付ける事で女を虜にする方法が有るとしたら、正邪実践してみたいですよね。そこでここでは女を虜にする方法を少々挙げてみたいと思います。ここでのポイントは「俺をある程度演出して見る」という事です。女性に対して思った事をズバッと言ったり、緊張して変におどおどしてしまったりしていては、女性もはからずも近寄れなくなってしまいます。

 

更にこの人のケース好みですな、はじめて付き合いたいなという心構えを丸出しにしてしまっても女性は引いてしまう。饒舌でなくても良いので、女性をねぎらう様な言明を少々かけて上げるだけでも女性にとっては好印象です。またドキドキ次元も少しであれば明るいと思いますが、度を越してしまうと女性はなぜいいか分からなくなるので、まだまだドキドキを諦める様に落ち着いた俺を演出してみると女性にとっては好気分かもしれません。

 

再び高学歴、高売上をアピールし過ぎても女性は引いてしまい傾向ですので、結構ダメなゾーンを見せて贈るというアピールをしてみると良いかもしれません。この様に素を生み出す事は大事ですが、多少俺を演出する事は女性の気持ちを自分に向かせる可愛い方法だと思うのです。多少のアピールとは言っても、どうしても嘘はつかない様に気を付けてくださいね。

 

女を虜にする方法【賛同】

「賛同」も女を虜にする方法の一門として挙げられます。女性はふさわしいとしても間違っていたとしても、自分が言っているケースに対して、誰かに、ましてや恋愛にお断りされたくないと思っているほうが多いと思います。その為、女性が言っているケースに対して「賛同」をしてあげる事が女を虜にする方法だと思うのです。

 

賛同と簡単に言ってもやり方が必要だと思います。単純に言えば「受け入れる・讃える」事だと思うのです。例えば入り用でミスをしてボスに怒られてしまった女性がいたとします。

 

女性は落ち込んでいるのでたとえ慰めてあげようと思った例、女性が一所懸命市の入り用を取り組んでいた事に対して褒めて引き上げると良いと思うのです。そうする事で女性は「私の事を分かってくれている」という人情を抱き易くなり、好意を保ち易くなると思います。この時、みえみえのお世辞は止めた方が良いでしょう。

 

バカにされていると思われ易いからだ。また、だからと言って各回褒めてばかりという事も駄目です。単なる良い人になって締めくくる可能性が高いです。また肯定するにしても賛同の等級が有ります。

 

最初の賛同で女性の事を分かって与える事を言います。次に何が間違っていたのかやさしく反動を言います。こういう名1つで嫌気を貰う心労が有りますので、名には気を付けましょう。

 

例えば「ここをこうしてたら良かったかもしれないね」という様な名だと良いかもしれませんね。最後に又もや賛同してあげる事で、異議を聞き入れつつ、自分の事を認めてくれているのだという自尊心にひっつき、好意を抱き易くなるのです。

 

女を虜にする方法【対談を訊く】

どんな風にすれば好きな女性に振り向いてもらえるのか、耐える男性は多いケースと思います。一番良いのは何もしなくても振り向いてもらえる事だと思うのですが、それほどはしょっぱいですよね。女を虜にする方法は何かとあると思いますが、ここでは女性とのストーリーについて挙げてみたいと思いますので参考にしてください。

 

女を虜にする方法として挙げられるのが「女性の対談を充分聞いてやる」という事です。基本的に女性は話をするのが好きです。工程立てたり、起承転結を持って会話すると言うよりは、思いついた事をオチが無い状態で話をするという事も多いと思うのです。

 

その筋道は格好のケース、友達のケース、業者のケース、動画やドラマのケース程度、様々です。もしかして旦那にとっては聞いていてイライラしてしまうし、対談の筋道が興味が弱いケースかもしれません。しかし女性は吐き出せるだけでも充分に満足すると思うのです。

 

満杯話すという事は少なからずその男性に聞いてくれ、私の事を知ってくれという様に、興味があると思っている自書のリスキーが有ります。そんな時、興味が無い感覚を見せてしまうと途端に女性は旦那へ不満を保ち、興味を失うかもしれません。

 

そこで男性は女性の対談を興味が在る様に相槌を打ちながら聞いて与えると「我々への興味が見て取れるのだな」と女性は親しみを持ってくれる。時折質問をしてあげるともっと喜んでくれる。「対談を訊く」という簡単な方法で女性の気持ちを退く事が望めると思うので、正邪実践してみてはいかがでしょうか。

 

チェックツール

 

登録サイトのデータ更新と検索

 

登録フォーム

ページランク0以上の方が申し込みできます。
下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。
<a href="http://www.dotarabic.net/" target="_blank">http://www.dotarabic.net/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。